RSS

タイ航空、16年の収支トントン 4期ぶり赤字脱出

2017年3月5日(日) 21時29分(タイ時間)
タイ航空のA350XWB型機の画像
タイ航空のA350XWB型機
写真提供、タイ国際航空
【タイ】タイ国際航空は2016年の最終利益が1500万バーツとなり、4期ぶりに黒字転換した。

 売上高は前年比4・3%減の1805億5700万バーツ。営業利益は412・2%増の40億7100万バーツで、減損損失36億2800万バーツ、経営改革費用12億2800万バーツなどを計上した。

 旅客数は4・8%増の2226万人、搭乗率は73・4%だった。年末時点の運航機数は95機。

 タイ航空は2013年に120億4700万バーツ、2014年156億1200万バーツ、2015年130億6800万バーツの赤字を出し、不採算路線からの撤退、運航機数の削減といった経営再建策を進めている。
《newsclip》

注目ニュース

大手航空会社の安全度ランキング タイ航空は60社中48位newsclip

【アジア】航空会社の安全性に関するデータの集計・解析を手がける独JACDECがまとめた2017年版の大手航空会社の安全度ランキングで、タイ国際航空は調査対象の60社中48位だった。

【タイ】英航空機エンジン大手ロールス・ロイスは17日、国外での贈賄を認め、英重大不正捜査局、米司法省、ブラジル連邦公共省に対し、合計6億7100万ポンド(約950億円)の罰金を支払うと発表した。

【タイ、日本】タイ国際航空は3月1―25日の期間限定で、バンコク(スワンナプーム国際空港)―名古屋(中部国際空港)線に欧州航空機大手エアバス製の総2階建て超大型旅客機A380を投入する。同路線でA3...

【タイ】タイ国際航空は12月15日から、バンコク―モスクワ直行便を週4往復運航する。使用機材はボーイング777―200ER型機。

特集



新着PR情報