RSS

NEC、マレーシア政府機関向けにサイバー防御演習

2017年3月7日(火) 11時17分(タイ時間)
【マレーシア】日本電気(NEC)は7日、マレーシアの政府関連機関職員約20人を対象に、サイバー攻撃への対処能力の向上を目的とした演習を行ったと発表した。

 日本の総務省からの受託事業で、参加者は、省庁内ネットワークを模擬した環境で、情報セキュリティ事故の発生から回復までの一連のインシデントハンドリング(被害の早期発見・検知ならびに対処)の流れを体験し、サイバー攻撃への技術的な対処だけでなく、職員への指示、関係機関との情報連携など、被害拡大を防止するために重要な組織的な対応について学習した。
《newsclip》

注目ニュース

【東南アジア】日本電気(NEC)はカンボジア、インドネシア、ラオス、ミャンマー、フィリピン、ベトナムの公務員約20人を対象とするサイバー攻撃への対処に関する研修を今後3年間、日本で実施する。

NEC、タイ政府職員向けにサイバー防御演習newsclip

【タイ】日本電気(NEC)はサイバー攻撃への対処能力の向上を目的とした演習を12月6―9日、バンコクで行い、タイ政府の職員約50人が参加した。

【タイ】NECは23日、タイの災害警報発出機関である国家災害警報センターと共同で、洪水シミュレーションシステムを活用して浸水区域を予測する実証実験を昨年11月から今年3月までタイ北部のウタラディッ...

富士通、ミャンマーで水位把握システムnewsclip

【ミャンマー】富士通はミャンマーのタウングー地方で、灌漑(かんがい)用水と河川の水位情報を管理する2種類の実証実験を2016年11月から2017年1月末にかけて行い、実証結果をミャンマー農業畜産灌...

【ミャンマー】富士通はミャンマー政府の全22省を対象とするICTに関する職員研修を16日から2回に分けて、計10日間、現地で実施する。