RSS

ハノイの邦人向けサービスアパート竣工、長谷工が開発運営

2017年3月8日(水) 16時59分(タイ時間)
 の画像
 
写真提供、長谷工コーポレーション
【ベトナム】長谷工コーポレーションは6日、ベトナムのハノイ市に建設した日本人向けサービスアパートが完成し、1日に竣工式を行ったと発表した。

 長谷工がベトナムで開発運営する初の物件で、名称は「ジ・オーセンティック」。市中心部から東に約5キロのロンビエン区に立地し、地上18階、地下1階、総戸数110。ジム、ミニショップ、レストランを併設する。住戸面積はバルコニーを含め58・4―123・9平方メートルで、温水洗浄便座、乾燥洗濯機を各戸に設置するなど、「日本と変わらない生活が送れる住宅」を目指した。
《newsclip》

注目ニュース

レオパレス21、プノンペンにサービスアパート 今夏開業newsclip

【カンボジア】レオパレス21(東京都中野区)は今夏、カンボジアのプノンペンでサービスアパートを開業する。

【ベトナム】大和ハウス工業(大阪市)と大成建設(東京都新宿区)はベトナムに合弁会社を設立し、ハノイ市中心部から約8キロの新興開発エリアであるコウザイ地区にサービスアパート、オフィスなどを建設する。

【タイ】シンガポールの不動産大手フレイザーズが運営するホテル兼サービスアパート「モデナ・バイ・フレイザー・イン・バンコク」が8月15日、バンコクのラマ4世通りで開業する。

バンコク・エカマイでサービスアパート、シンガポールのサマセットnewsclip

【タイ】シンガポールのサービスアパート大手アスコットは2016年7、8月から、バンコクのエカマイ通りでサービスアパートを受託運営する。

【日本】積水ハウスは23日、東京都港区赤坂5丁目で高級サービスアパートを開発すると発表した。積水ハウスが開発・所有し、シンガポールの不動産大手フレイザーズが同社のホテル・サービスアパートの最高級ブ...

特集



新着PR情報