RSS

日本、マレーシアからの家きん肉輸入停止 鳥インフルで

2017年3月13日(月) 21時28分(タイ時間)
【日本】日本の農林水産省は9日、マレーシアからの家きん肉の輸入を停止した。マレーシアの家きん農場で、高病原性鳥インフルエンザ(H5N1亜型)の発生が確認されたため。

 2016年のマレーシアからの家きん肉の輸入は377トン。マレーシアからの生きた家きん、家きんの卵の輸入実績は過去3年ない。
《newsclip》

注目ニュース

【タイ】タイの大手財閥CPグループ傘下の食品大手ジャルーン・ポーカパン・フーズ(CPF)は3日、ポーランドの鶏肉会社スーパードロブ・キャピタル・グループの株式約33%を4950万ユーロで取得すると...

韓国向けタイ産鶏肉出荷、12年ぶりに再開newsclip

【タイ】韓国政府がタイ産鶏肉の輸入禁止を12年ぶりに解除したことを受け、15日、タイ東部のレムチャバン港から、解禁後初となる韓国向けの鶏肉15・2トンが出荷された。

【中国】タイの大手財閥CPグループ傘下の食品大手ジャルーン・ポーカパン・フーズ(CPF)は6日、中国の鶏肉製造加工会社、中糧肉食(宿遷)を買収すると発表した。

【タイ】穀物メジャーの米カーギルは5000万ドルを投じ、タイ東北部ナコンラチャシマ県の鶏肉加工工場を拡張する。2018年第1四半期稼働の予定で、約1400人を新規雇用する。