RSS

アサヒ、ミャンマー市場向けドリンク剤投入

2017年3月16日(木) 23時21分(タイ時間)
 の画像
 
写真提供、アサヒグループホールディングス
【ミャンマー】アサヒグループホールディングスは3月下旬から、ミャンマーではちみつ味のドリンク剤「ハニーゴールド」(缶250ミリリットル)を販売する。1本約40円で、販売目標は456万本。

 アサヒグループがミャンマー市場向けに独自開発し、現地で生産販売するアサヒブランドとして初めての商品。発売に合わせ、ヤンゴンとマンダレーを中心にミャンマー全域750カ所でサンプリングイベントを実施。ラジオや新聞広告、ラッピングカーなどによる宣伝も行う。
《newsclip》

注目ニュース

【シンガポール】アサヒグループホールディングス傘下でマレーシアで飲料事業を展開するエチカビバレッジズは11月から、シンガポールでペプシブランドのボトリング事業を開始する。

アサヒ、ミャンマーで「ウィルキンソン」ブランドの炭酸水発売newsclip

【ミャンマー】アサヒグループホールディングスとミャンマーの清涼飲料大手ロイヘインがミャンマーに設立した合弁会社アサヒロイへインは2月下旬から、「ウィルキンソン」ブランドの炭酸水(330ミリリットル...

アサヒ、マレーシアで「カルピス」展開newsclip

【マレーシア】アサヒグループホールディングス傘下でマレーシアで飲料事業を展開するペルマニスは12月から、マレーシアでペットボトル入りの乳酸菌飲料「カルピス」と「カルピス マンゴー」の製造販売を始めた。

【マレーシア】 アサヒグループホールディングスはシンガポールの食品会社エチカ・インターナショナル・ホールディングスの東南アジアの乳製品事業を約3・3億ドルで6月中に買収する。

【ミャンマー】アサヒグループホールディングスは7日、ミャンマーの大手清涼飲料メーカー、ロイヘインとミャンマーに炭酸飲料を製造販売する合弁会社を設立すると発表した。

特集



新着PR情報