RSS

日系企業の業況感上向き バンコク日本人商工会議所調査

2017年3月20日(月) 00時48分(タイ時間)
【タイ】バンコク日本人商工会議所が昨年11、12月に会員企業を対象に行った2016年下期の日系企業景気動向調査(回答企業508社)で、前期比で業況が「上向いた」から「悪化した」を引いた景気動向指数(DI)は2017年上期見通しがプラス15だった。

 2016年上期実績はプラス9、2016年下期見通しはプラス4。

 経営上の問題点(複数回答)は「他社との競争激化」が75%と最も多かった。以下、「総人件費の上昇」38%、「国内需要の低迷」32%、「為替変動への対応」31%、「エンジニアの人材不足」29%と続いた。
《newsclip》

注目ニュース

【アジア】日本政府観光局(JNTO)によると、2月に日本を訪れた外国人(推計値)は前年同月比7・6%増の203万5800人で、2月として過去最高となった。

【アジア】米大手会計事務所グラント・ソントンが昨年7―12月に世界36カ国・地域の中堅企業の経営幹部を対象に行った調査で、経営幹部に占める女性の割合が最も高かったのはロシアで47%だった。

【タイ】タイ中央銀行の月例経済報告によると、タイの1月の輸出は前年同月比8・5%増の170・7億ドル、輸入は11・3%増の151・7億ドルで、経常収支は50・1億ドルの黒字だった。

【タイ】タイ商務省がまとめた2月の消費者物価指数(CPI、2015年=100)は100・79で、前年同月比1・44%、前月比0・04%上昇した。

【タイ】タイ国内の1月の新車販売台数(トヨタ自動車調べ)は前年同月比10.5%増の5万7254台だった。内訳は乗用車が23.5%増、2万228台、商用車が4.5%増、3万7026台。



新着PR情報