RSS

【グビナビ】 タイのグルメ口コミサイトでバンコク5位 「Jae Oh Khao Tom Pet」

2017年3月24日(金) 12時49分(タイ時間)
Jae Oh Khao Tom Petの画像
Jae Oh Khao Tom Pet
Jae Oh Khao Tom Petの画像
Jae Oh Khao Tom Pet
Jae Oh Khao Tom Petの画像
Jae Oh Khao Tom Pet
Jae Oh Khao Tom Petの画像
Jae Oh Khao Tom Pet
Jae Oh Khao Tom Petの画像
Jae Oh Khao Tom Pet
Jae Oh Khao Tom Petの画像
Jae Oh Khao Tom Pet
Jae Oh Khao Tom Petの画像
Jae Oh Khao Tom Pet
Jae Oh Khao Tom Petの画像
Jae Oh Khao Tom Pet
 外国人にあまり知られていない名店はないかと、タイのグルメ口コミ情報サイト「ウォンナイ」でバンコクのタイ料理店1万3267店中5位(2017年2月調べ)という「ジェーオーカオトムペット(Jae Oh Khao Tom Pet)」を訪れた。

 場所はチュラロンコン大学の西側、バンタットーン通りから15メールほど入ったところ。高架電車BTSでナショナルスタジアム駅まで行き、そこからタクシーに乗った。歩いて10分程度と思ったが、このあたりは時々、ひったくり、路上強盗が出る。乗車し数分で目的地に着いた。

 午後8時に予約しておいたが、10分ほど早く到着した。店構えは大きめの食堂といったところ。店内は2部屋で20ぐらいのテーブルがあり、すでに満席だ。店の前では20人以上がテーブルが空くのを待っていた。店員に予約してあると告げると、「48」と書かれた紙を渡された。次が「46」とのことで、一安心。ちょうど8時に店内に招き入れられた。テーブルの空き具合を計算していたようで、相当のプロだと感心。

 店が混んでいるので一気に注文する。「サーモンのヤム」(250バーツ)、「アワビと白菜のオイスターソース炒め」(150バーツ)、「ミズオジギソウと揚げた豚の炒め物」(100バーツ)など8品とおかゆ、ビールを頼んだ。

 10―15分ほどで、料理が続々と運ばれてきた。タイ料理と南方中国料理が混ざりあったような、バンコクのこの地区では一般的な料理だ。これをおかゆとともに食べる。味付けは地元の人向けで、どれも外れがない。怒とうのように4人で8皿を完食した。

 料金は1800バーツだったが、これは同行者のたっての希望で590バーツのカニ料理を頼んだからで、1人300バーツが相場といったところ。5位かどうかはともかく、安くてうまい、地元の人のための食堂だった。
《newsclip》

注目ニュース

【グビナビ】 マングローブ林に囲まれた海上レストラン バンコク都心から40キロnewsclip

バンコクの南郊、サムットプラカン県にあるタイ軍の保養施設「バンプー・リクリエーションセンター」を訪れた。一般人にも開放されていて、海上レストランが人気だ。

【グビナビ】 旧市街の名店「クルア・アプソン」 タイ・グルメ情報口コミサイトでバンコク13位  newsclip

バンコク首都圏で6店舗を展開するタイ料理店「クルア・アプソン」。

【グビナビ】 ラマ7世王も訪れた アユタヤの古民家宿newsclip

【タイ】5月の連休で、世界遺産の古都アユタヤを訪れた。

特集



新着PR情報