RSS

三菱地所レジデンス、KL近郊のマンション開発に参画

2017年3月29日(水) 23時07分(タイ時間)
完成予想図の画像
完成予想図
画像提供、三菱地所レジデンス
完成予想図の画像
完成予想図
画像提供、三菱地所レジデンス
完成予想図の画像
完成予想図
画像提供、三菱地所レジデンス
【マレーシア】三菱地所レジデンスは29日、マレーシアの大手企業IOI傘下の不動産会社パインプロパティーズがクアラルンプール(KL)近郊で開発中の住宅事業「ザ・ジェムズ」のプロジェクト会社の株式45%を取得し、事業に参画すると発表した。

 IOIがオフィス、住宅、レジャー施設、ホテルなどを開発している「IOIリゾート」内の約4万平方メートルの敷地に地上12階から34階のマンション8棟を開発する。総戸数676戸、専有面積は約110-160平方メートル。2017年5月着工、2019年3月の販売開始を見込む。
《newsclip》

注目ニュース

【タイ】三菱地所レジデンスは29日、分譲マンションの開発販売を手がける新会社をバンコクに設立したと発表した。年間3―5物件、総売り上げ200億バーツ(約640億円)規模を目指す。

三菱地所、バンコクで大規模マンション タイ社と共同で5件目newsclip

【タイ】三菱地所レジデンスはタイの不動産ディベロッパー、AP(タイランド)と共同で、バンコクの地下鉄ペチャブリ駅近くで大規模マンションを開発する。約68億バーツの売り上げを見込む。両社の共同プロジ...

シンガポールの大規模オフィスビル竣工、三菱地所が出資newsclip

【シンガポール】三菱地所は14日、シンガポールのビジネス中心地区ラッフルズプレイスに開発した大規模オフィスビル「キャピタグリーン」が竣工し、テナントの入居が始まったと発表した。

特集



新着PR情報