RSS

バンコクのムエタイスタジアム前で警備員射殺、タイ人男逮捕

2017年3月30日(木) 17時45分(タイ時間)
【タイ】バンコク都内ラムイントラ通りにあるタイ式キックボクシング(ムエタイ)のスタジアム「ルムピニ・ボクシング・スタジアム」前で24日、警備員の男性、アヌチャーさんが拳銃で撃たれ死亡した。

 この事件で警察は29日、容疑者の男2人のうちの1人、ジラパン容疑者(36)を逮捕したと発表した。もう1人のユタナー容疑者は陸路でカンボジアに逃亡したとみられる。

 調べによると、ジラパン容疑者はスタジアムの喫茶店前にいた審判の男性、ウドムさん(58)を後方からこん棒で殴り、止めようとしたアヌチャーさんをユタナー容疑者が銃で撃った。容疑者2人は犯行後、バイクで逃走した。犯行の様子は現場の防犯カメラが捉えていた。

 ジラパン容疑者は取り調べに対し、ムエタイの試合に金を賭けて2万バーツを失い、ウドムさんのジャッジが不公平だったと思い、暴力を振るったと供述した。誰かに雇われてウドムさんを襲撃した事実はないとしている。タイ字紙コムチャットルクなどが報じた。
《newsclip》

注目ニュース

ムエタイの殿堂ルムピニ・スタジアム、57年の歴史に幕newsclip

【タイ】1956年12月にバンコク都内ラマ4世通りに開館したタイ式キックボクシング(ムエタイ)の殿堂「ルムピニ・ボクシング・スタジアム」が7日、最後の試合を終え、閉館した。

特集



新着PR情報