RSS

商船三井、マレーシアの物流会社に21%出資

2017年3月30日(木) 23時12分(タイ時間)
PKTのシャーアラムの物流センターの画像
PKTのシャーアラムの物流センター
写真提供、商船三井
【マレーシア】商船三井(東京都港区)は30日、マレーシアの大手物流会社、PKTロジスティクス・グループの株式20・9%を取得したと発表した。

 PKTはフォワーディング、通関、倉庫、陸送、流通加工、在庫・配送管理などを手がける。セランゴール州シャーアラムで倉庫面積約5・5万平方メートルの物流センターを保有、運営するほか、ペナン州バトゥ・カワン工業団地でも大規模物流センターを建設中で、第1弾となる倉庫施設(倉庫面積約6万平方メートル)が近く竣工する。
《newsclip》

注目ニュース

【タイ】商船三井ロジスティクスは9日、同社のタイ法人MOLロジスティクス(タイランド)の名前が記載された船荷証券が「MOLシッピング・ロジスティクス」というタイに実在しない会社から発行されているこ...

【ミャンマー】商船三井ロジスティクスはミャンマーに現地法人を設立し、5月2日に営業を開始する。

【タイ】商船三井は28日、タイのターミナル事業会社サハタイ・ターミナルと合弁で、コンテナバージ専用ターミナル運営会社バンコク・バージ・ターミナルをタイに設立したと発表した。