RSS

【バンコクモーターショー2017】“ほぼ”オーリス セダン…カローラアルティス

2017年3月31日(金) 12時00分(タイ時間)
トヨタ・カローラアルティス(バンコクモーターショー2017)の画像
トヨタ・カローラアルティス(バンコクモーターショー2017)
《撮影 工藤貴宏》
トヨタ・カローラアルティス(バンコクモーターショー2017)の画像
トヨタ・カローラアルティス(バンコクモーターショー2017)
《撮影 工藤貴宏》
トヨタ・カローラアルティス(バンコクモーターショー2017)の画像
トヨタ・カローラアルティス(バンコクモーターショー2017)
《撮影 工藤貴宏》
トヨタ・カローラアルティス(バンコクモーターショー2017)の画像
トヨタ・カローラアルティス(バンコクモーターショー2017)
《撮影 工藤貴宏》
トヨタ・カローラアルティス(バンコクモーターショー2017)の画像
トヨタ・カローラアルティス(バンコクモーターショー2017)
《撮影 工藤貴宏》
トヨタ・カローラアルティス(バンコクモーターショー2017)の画像
トヨタ・カローラアルティス(バンコクモーターショー2017)
《撮影 工藤貴宏》
トヨタ・カローラアルティス(バンコクモーターショー2017)の画像
トヨタ・カローラアルティス(バンコクモーターショー2017)
《撮影 工藤貴宏》
トヨタ・カローラアルティス(バンコクモーターショー2017)の画像
トヨタ・カローラアルティス(バンコクモーターショー2017)
《撮影 工藤貴宏》
トヨタ・カローラアルティス(バンコクモーターショー2017)の画像
トヨタ・カローラアルティス(バンコクモーターショー2017)
《撮影 工藤貴宏》
タイに訪れたことがある人なら、全行程をバスで移動する観光ツアーで訪れた人を除き、必ず1度は乗ったことであるに違いないクルマがトヨタの『カローラアルティス』だ。

なぜなら、タイではタクシーとして多く配備されている車両であり、その占有率がかつてよりも高まっているのも街を見れば一目瞭然だ。タクシーとして色とりどりのカローラアルティスが並ぶ様子は、もはやバンコクの街の風景のそのものと言っていい。

そんなカローラアルティスのタイ仕様は昨年11月に大規模なマイナーチェンジがおこなわれ顔つきを刷新。とうぜん、バンコクモーターショーのトヨタブースにも主力モデルとして展示されている。

タイの「カローラ」は日本の『カローラアクシオ』とは異なる世界仕様の通称「グローバルカローラ」で車体が大きく、使っているプラットフォームも『オーリス』などと共通の「新MC」だ(日本は『ヴィッツ』と同じプラットフォームを使う)。また車内を見ればダッシュボードがオーリスと共通なことからも、オーリスとの血縁関係が濃いことが伝わってくる。つまりオーリス(5ドアハッチバック)の4ドアセダン版ともいえる構造なのだ。

デザインもかなりシャープでスポーティ感を強調している。加えて内外装をスポーティにドレスアップした「ESPORT」も用意する。

エンジンは1.6リットルと1.8リットルのガソリン、そして1.6リットルのCNG(圧縮天然ガス)をラインナップ。CNGはタイでは手軽に手に入る燃料で、価格の安さからガソリンエンジンをCNGに対応するキットも多く売られている。価格は79万9000バーツ(約260万円)~107万9000バーツ(約350万円)だ。タイは初乗り35バーツ(約100円強)とタクシー代が安いが、この価格の“高級車”にそんなに安く乗れてしまうなんて乗るたびに恐縮してしまう。
《工藤貴宏@レスポンス》


新着PR情報