RSS

日本政府、ミャンマー国営メディアの機材拡充に22・6億円無償供与

2017年4月3日(月) 23時04分(タイ時間)
【ミャンマー】国際協力機構(JICA)はミャンマーの国営メディア、ミャンマーラジオテレビ局(MRTV)の機材拡充に22億6300万円の無償資金協力を行う。3月29日、ミャンマー政府と贈与契約に調印した。

 コンテンツネットワーク、衛星中継車などの機材を導入することで、1週間の製作番組数が約110番組、放送時間が約110時間増加するほか、テロップを挿入したトークショーやバーチャル映像システムを活用した番組など、高品質で多様な番組を視聴者に提供することが可能になる。

 MRTVの放送能力、番組製作能力を引き上げることで、民主化の推進、教育の向上を後押しする。
《newsclip》

注目ニュース

【ミャンマー】日本政府は24日、ミャンマー西部ラカイン州の騒乱で被害を受けた住民、避難民に対し、1000万ドルの緊急無償資金協力を行うと発表した。

【ミャンマー】日本政府は7日、ミャンマーに対する無償資金協力3件(供与限度額35億8100万円)を発表した。

【ミャンマー】国際協力機構(JICA)はミャンマー政府に対し、口蹄疫対策の費用として14億1700万円の無償資金協力を行うことを決め、2日、贈与契約を結んだ。

日本政府、タイ北部ミャンマー国境に廃棄物処理場建設newsclip

【タイ】日本政府はタイ北部ターク県ターソンヤン郡の山間部に廃棄物処分場を建設するための資金315万バーツを無償供与する。



新着PR情報