RSS

GWの人気旅行先、バンコクは4位 HIS調査

2017年4月4日(火) 14時46分(タイ時間)
【アジア】エイチ・アイ・ エス(HIS)が予約状況(3月22日時点)からまとめたゴールデンウイーク(4月28日―5月6日)の旅行動向によると、期間中の予約者数が最も多かったのはホノルルで、2位台北、3位ソウルだった。

 以下、4位バンコク、5位グアム、6位シンガポール、7位香港、8位上海、9位バリ島、10位釜山。

 自由旅行の予約者数をみると、1位ソウル、2位ホノルル、3位バンコク、4位台北、5位グアム。

 パッケージツアーは1位台北、2位ホノルル、3位グアム、4位ソウル、5位バリ島だった。

 人気の出発日は1位が後半の5連休の初日となる5月3日、次いで前半の4月29日だった。
《newsclip》

注目ニュース

【アジア】航空業界専門の英調査会社スカイトラックスが空港利用者の評価をもとにまとめた2017年の空港ランキングで、バンコクのスワンナプーム空港は前年の36位から38位にランクを下げた。

【タイ】オランダのカーナビメーカー、トムトムが2016年のデータをもとにまとめた交通渋滞がひどい都市のランキングで、バンコクはメキシコシティに次いで世界2位だった。

【アジア】カード大手の米マスターカードが22日に発表した「世界渡航先ランキング」で、調査対象の132都市中、2016年に国外からの渡航者が最も多いと予想される都市はバンコクで、推定渡航者数2147...

世界の航空会社ランキング タイ航空13位、バンコクエア20位newsclip

【アジア】航空業界専門の英調査会社スカイトラックスが乗客の満足度調査からまとめた2016年の航空会社ランキングで、エミレーツ航空(アラブ首長国連邦)が1位になった。

米誌の観光都市ランキング チェンマイ2位、バンコク14位newsclip

【タイ】米旅行雑誌「トラベル+レジャー」の読者投票による2016年の観光都市ランキングで、タイ北部のチェンマイが2位、バンコクが14位に入った。

【アジア】組織・人事コンサルティング大手の米マーサーがまとめた2016年版の「世界生計費調査・都市ランキング」で、外国人駐在員にとって最も物価の高い都市は香港だった。



新着PR情報