RSS

タイ軍政、6県の知事解任

2017年4月5日(水) 18時02分(タイ時間)
【タイ】タイ軍事政権のプラユット首相は軍政トップに事実上の全権を与える暫定憲法44条を発動し、6県の知事を4日付で解任した。

 解任されたのはプーケット県、チェンライ県、カンジャナブリ県、カラシン県、ラチャブリ県、シンブリ県の知事で、いずれも首相府特別審議官に異動となった。

 プーケットなど4県では内務省の審議官、顧問などが後任の知事に任命された。カラシンとシンブリの知事は空席となっている。
《newsclip》

注目ニュース

【タイ】プラユット首相はバンコク首都圏で路線バスを運行するバンコク大量輸送公社(BMTA)のスラチャイ総裁を22日付で解任した。アーコム運輸相が26日、明らかにした。BMTAが購入した天然ガスバス...

【タイ】タイ宮内庁は2月27日、「権力乱用」、「国家の安全保障にとって危険な政治への介入」などを理由に、ジュムポン副侍従長(退役警察大将、66)を解任した。

軍政首相、タイ国鉄総裁を電撃解任newsclip

【タイ】タイ軍事政権のプラユット首相は23日、自身に事実上の全権を与える暫定憲法44条を発動し、タイ国鉄(SRT)のウティチャート総裁と理事全員を解任し、アナン運輸省陸運局副局長を総裁代行に、ウォ...

特集



新着PR情報