RSS

ヤマト運輸、タイ向け「国際クール宅急便」開始

2017年4月7日(金) 09時36分(タイ時間)
【日本、タイ】ヤマト運輸(東京都中央区)は4月17日から、日本発タイ向け一貫保冷小口輸送「国際クール宅急便」を開始する。タイでの日本食の需要増加に対応する。

 国際クール宅急便は全国のセールスドライバーによる集荷や宅急便センターへの持ち込みで、荷物1個から発送できる。取り扱いサイズは日本の「クール宅急便」と同じ。最短で翌々日の午前中から、店舗や自宅に届ける。届け先はバンコク全域。利用対象者はヤマト運輸と契約し、送り状発行システムを利用できる法人。
《newsclip》

注目ニュース

ヤマト、タイで宅急便開始newsclip

【タイ】ヤマトホールディングスは30日、タイの合弁会社SCGヤマト・エクスプレスが3日からタイで宅急便サービスを開始したと発表した。

【ベトナム】ヤマトホールディングスはベトナム国内と日本からベトナム国内向けに生鮮品や日本食材などの保冷小口配送を行う合弁会社をベトナムに設立し、9月に事業を開始する。

ヤマトホールディングスは、上港集団物流、シノジャパン、プラネットと中国で越境流通プラットフォーム事業を行う合弁会社を設立することで合意した。

ヤマトHD、インド・バンガロールに支店を開設…自動車関連物流を取り込みnewsclip

ヤマトホールディングスは、ヤマトロジスティクスインドがインド有数の工業集積地であるバンガロールに支店を設立したと発表した。

【マレーシア】フィンテック(ITを活用した生かした金融サービス)事業を手がけるマレーシアのソフトスペースとヤマトホールディングス傘下のヤマトフィナンシャル(東京都中央区)はマレーシアの通販事業者向...

【アジア】ヤマトホールディングスは東アジア、東南アジアで展開する小口輸送網と、新たに買収したマレーシアのOTLグループの陸上幹線輸送網を結合し、中国―シンガポール間で定期的に幹線輸送を行う小口混載輸...



新着PR情報