RSS

タイ軍政幹部、タイ正月祝賀でプレム枢密院議長宅訪問

2017年4月11日(火) 00時40分(タイ時間)
 の画像
 
写真提供、タイ首相府
 の画像
 
写真提供、タイ首相府
 の画像
 
写真提供、タイ首相府
 の画像
 
写真提供、タイ首相府
 の画像
 
写真提供、タイ首相府
【タイ】プラユット首相(元陸軍司令官)と閣僚、軍・警察幹部らは10日、バンコク都内のプレム枢密院議長(元首相、元陸軍司令官)宅を訪れ、タイ正月(水かけ祭り)の祝賀のあいさつを行った。

 今年97歳となるプレム議長は付き添いの男性の腕をつかんで現れ、足元がややおぼつかない様子だった。背筋は伸び、スピーチの声はしっかりしていた。プラユット首相を「古いタイプの軍人」、「指導者として信頼できる」と称賛し、「我々は国家、国民のために働いてきた」、「我々を好まない国民がいるかもしれないが、しょうがない」などと話した。

 プレム議長は1920年、南部ソンクラー生まれ。1978―1980年に陸軍司令官、1980―1988年に首相を務めた。プミポン前国王の信頼があつく、1988年の首相退任時に枢密顧問官に任命されるとともに、「ラタブルット(国家功労者)」の称号を受けた。1998年から枢密院議長。政財官界や特に軍に極めて強い影響力を持ち、年末年始やタイ正月、自身の誕生日前後には毎年、現役の軍、警察の最高幹部が祝賀に訪れる。

 プレム議長はタクシン元首相と対立関係にあると報じられ、タクシン派の一部は、プレム議長と枢密院がタクシン政権を追放した2006年の軍事クーデターとタクシン派インラク政権を倒した2014年の軍事クーデターの黒幕だと非難した。タクシン元首相は議長を「スーパーパワー」と呼んだとされる。

 プレム政権は非議員のプレム首相が特権階級や軍の威光を背景に長期政権を率いた変則的な政治体制で、「半分の民主主義」と呼ばれた。現軍政が作成し、今月施行された新憲法は、非議員の首相を認め、議会上院を任命制に戻すなど、「半分の民主主義」体制の復活を目論んでいるという見方がある。
《newsclip》

注目ニュース

【タイ】タイ軍事政権が作成した新憲法が4月6日のチャクリ王朝記念日に公布・施行された。

【タイ】タイのワチラロンコン国王は6日、バンコクのアナンタサマーコム宮殿で新憲法を公布・施行する式典を開く。タイ宮内庁が3日の官報で明らかにした。

タイ軍政、タクシン派元外相の参政権5年間停止newsclip

【タイ】タイ軍事政権傘下の非民選の暫定国会「立法議会」は3月30日の会合で、タクシン元首相派インラク政権で外相を務めたスラポン氏に対する弾劾決議案を賛成231、反対4で可決した。スラポン氏は参政権...

タイ当局、タクシン元首相に176億バーツ納税請求 11年前の企業売却でnewsclip

【タイ】タイ国税局は28日、タクシン元首相の元妻のバンコク都内の邸宅の門に、2006年に株式を売却した際の個人所得税と延滞税など計176億バーツの納税をタクシン氏に求める請求書を貼り付けた。タクシ...

【タイ】放送通信事業を管理監督するタイ放送通信委員会は27日、タクシン元首相派の地上デジタルテレビ局、ボイスTVについて、番組の内容が著しく偏向しているとして、28日から7日間、放送を停止すると発...

「タクシン派が首相暗殺計画」 バンコク郊外で自動小銃、小型砲弾など押収newsclip

【タイ】タイ警察は19日、バンコク北郊のパトゥムタニ県など7県の9カ所を18日に捜索し、9人を逮捕、大量の銃器を押収したと発表した。軍事政権と対立するタクシン元首相支持派がプラユット首相らの暗殺な...

特集



新着PR情報