RSS

【上海モーターショー2017】ダンロップ、中国 低燃費タイヤ自主規制適合の環境対応タイヤ出展へ

2017年4月14日(金) 13時45分(タイ時間)
ダンロップブースの画像
ダンロップブース
ファルケンブースの画像
ファルケンブース
住友ゴムは、4月19日から28日に開催される「上海モーターショー」に、ダンロップおよびファルケンブースを出展する。

ダンロップブースは「ゴム技術でタイヤにイノベーションを巻き起こす」をテーマに、同社独自の新材料開発技術「アドバンスド 4D ナノデザイン」や、高機能バイオマス材料開発技術をはじめとする最先端技術を映像コンテンツで分かりやすく紹介。また、昨年9月から中国で運用開始された低燃費タイヤ自主規制にいち早く適合した環境対応タイヤ、「エナセーブ EC300+」と「SP ツーリング R1」の展示を行う。

ファルケンブースでは、スポーツタイヤ「アゼニス」シリーズやSUV用タイヤ「ワイルドピーク」など、高性能で多彩な最新タイヤラインアップを展示する。
《纐纈敏也@DAYS@レスポンス》


新着PR情報