RSS

日本ペイント、ミャンマーに販社

2017年4月18日(火) 22時59分(タイ時間)
【ミャンマー】日本ペイントホールディングス(大阪市北区)は18日、シンガポールの合弁子会社、日本ペイント(シンガポール)が建築用塗料の販売を行う現地法人「日本ペイント(ミャンマー)サービス」をミャンマーに設立したと発表した。

 日本ペイントはミャンマーでこれまで、現地の代理店を通じ販売してきた。同国の建築塗料市場が推定約40億円(2015年)規模まで成長したことから、現地法人を設立し、販売拡大を目指す。
《newsclip》

注目ニュース

【マレーシア】関西ペイント(大阪市)は14日、マレーシア子会社のカンサイ・ペイント・アジアパシフィックが同国の建築用塗料メーカー、サンコラ・ペイント・インダストリーズの全株式を取得すると発表した。

【タイ】化学大手の独BASFはバンコク郊外のバンプーに自動車用塗料工場を建設し、2017年下半期に稼働する計画だ。東南アジア諸国連合(ASEAN)域内の需要に対応する。

【タイ】オランダの化学メーカー、アクゾノーベルはタイに機能性塗料工場を建設し、2016年第3四半期に生産を開始する。投資額は3000万ユーロ。

特集