RSS

前住職の遺体消える タイ東北の寺で冷蔵保存中

2017年4月21日(金) 00時02分(タイ時間)
【タイ】タイのテレビ報道によると、タイ東北部サコンナコン県の仏教寺院ワット・シリモンコンで、冷蔵保存されていた前住職ソーポンタマウィワット僧の遺体がなくなっていることが判明し、警察が捜査に乗り出した。

 ソーポンタマウィワット僧は今年1月に79歳で死去した。遺体は冷蔵保存用の棺に安置され、今月22日に火葬が行われる予定だった。19日、火葬の準備のため、棺を開けたところ、遺体がなくなっていた。寺の関係者は内部の犯行という見方を強めているが、動機は不明だという。
《newsclip》

注目ニュース

マネロン容疑の教祖どこに タイ当局、巨大寺院の捜索終了かnewsclip

【タイ】資金洗浄(マネーロンダリング)取締法違反容疑で逮捕状が出ている新興仏教団体タンマカーイの教祖、プラタマチャヨー僧(72)の行方を捜査しているタイ法務省特捜局(DSI)はバンコク北郊のタンマ...

新大僧正の寺で小火、関係者は放火否定 バンコクのラーチャボピット寺newsclip

【タイ】9日朝、バンコク都内のワット・ラーチャボピット寺で小火があり、建物の木製の扉の一部が焼損した。寺の関係者は、漏電が原因として、放火を否定している。警察は当面の間、ラーチャボピット寺の警備を...

タイ東部の寺で手りゅう弾爆発 男女4人死亡、5人けがnewsclip

【タイ】29日未明、東部チャチュンサオ県のアムパワン寺の境内で手りゅう弾が爆発し、タイ人の女性2人(30、30)と男性2人(45、33)が死亡、男性5人(52、35、30、20、18)がけがをした。

タイのトラ寺 今度はトラの敷物、トラ皮のお守り押収newsclip

【タイ】タイのテレビ報道によると、100頭を超えるトラの強制移送が始まった西部カンジャナブリ県の仏教寺院ワット・ルアンターマハーブアで、2日、トラの敷物2枚、牙9本、透明なケースにトラの皮が入った...

【タイ】18日夜、バンコク北郊パトゥムタニ県のランシット・ナコンナヨク通り沿いの運河にかかる橋の下で、頭蓋骨など人骨が入った袋がみつかった。現場はピチットピヤーラーム寺近く。警察は殺人、もしくは墓...



新着PR情報