RSS

ZF、中国エンジニアリングセンターを拡張…「Eモビリティ」推進

2017年4月24日(月) 23時34分(タイ時間)
ZFの中国上海エンジニアリングセンターの画像
ZFの中国上海エンジニアリングセンター
ドイツに本拠を置く自動車部品大手、ZFは4月18日、中国上海のエンジニアリングセンターを拡張した、と発表した。

ZFは2016年12月、上海にエンジニアリングセンターを開所。ZFは2022年までに、同エンジニアリングセンターに、およそ5000万ユーロを投資。5万4000平方mまで拡大し、人員も2倍以上のおよそ1000名へ増やす計画を掲げている。

今回の拡張は、主に「Eモビリティ」を推進するのが目的。乗用車および商用車用のドライブトレーンや車台、特別なアプリケーション開発のために、最新のテスト施設が用意された。

ZFのピーター・レイク取締役は、「上海のエンジニアリングセンターに対する投資は、さらなる現地化に向けたコミットメントの表れ」と述べている。
《森脇稔@レスポンス》


新着PR情報