RSS

郵船ロジスティクス、タイの倉庫がハラル認証取得

2017年4月26日(水) 17時24分(タイ時間)
ハラル認証を取得した倉庫の画像
ハラル認証を取得した倉庫
写真提供、郵船ロジスティクス
【タイ】郵船ロジスティクスは25日、タイ法人ユウセン・ロジスティクス(タイランド)の倉庫がタイのハラル(イスラム法に則った商品)認証機関であるタイ・イスラム中央委員会(CICOT)からハラル認証を取得したと発表した。

 タイ国内の倉庫のハラル認証取得は倉庫・物流企業で初めて。

 認証を取得した倉庫はタイ東部チョンブリ県のレムチャバン港から約20キロに立地。倉庫スペースとトラック搬出入口の一部をハラル仕様に改修した。ハラルスペース内は専用のシートで仕切られ、専用の手洗い場やハンドリフト、パレットを使用し、取り扱い方法のトレーニングを受けたスタッフが手順に沿ってオペレーションを行う。

 郵船ロジスティクスは2015年にマレーシアで運送業務と倉庫業務のハラル認証を日系物流企業で初めて取得し、トラックと倉庫を活用したハラル物流サービスを展開している。タイでハラル認証を取得したことで、ハラル物流をタイで提供できる唯一の物流会社として、サプライチェーン・ロジスティクスを提供するとともに、マレーシア法人と連携し、グローバルなハラル物流を展開する。

 東南アジアのイスラム教徒人口は2・4億人に上る。タイでは食品市場のハブとして、ハラル食品・製品の生産、輸出が活発化しているが、ハラル認証を受けた倉庫はこれまでなかった。
《newsclip》

特集



新着PR情報