RSS

【上海モーターショー2017】ヴァレオ、360度をリアルタイムで3D映像化…自動運転のための新技術

2017年4月27日(木) 12時21分(タイ時間)
ヴァレオのカメラシステムの画像
ヴァレオのカメラシステム
フランスに本拠を置く自動車部品大手、ヴァレオは4月19日、中国で開幕した上海モーターショー2017において、14の新技術を発表した。

これらの技術は、電動化や自動運転、コネクテッドカー、そして新たなモビリティサービスセグメントにおいて、ヴァレオの技術を求める自動車メーカーなどに向けて、開発されたもの。

自動運転関連では、世界初の360度をリアルタイムで3D映像化する技術を開発。これは、2つのAI(人工知能)によって、自動運転の開発を促進することを可能にしている。

また、インタラクティブ・ライティングも開発。これは、自動運転車の視界確保に役立つテクノロジーとなる。
《森脇稔@レスポンス》


新着PR情報