RSS

「売買春は普通」33% バンコクの世論調査

2017年5月2日(火) 21時37分(タイ時間)
【タイ】タイ国立ラーチャパット大学バーンソムデットチャオプラヤ校が4月26―28日、バンコク都内で実施した売買春に関するアンケート調査(回答者1158人)で、「売買春は普通のことだと思う」との回答は32・6%、「思わない」は55・3%だった。

 「売買春に関わったことがある」は11・5%、「ない」は73・5%。

 「売買春を合法化すべきと思う」は33・8%、「思わない」は49・3%だった。

 「売買春を目にしたことがある」は53%、「ない」は31・1%。「目にしたことがある」と回答した人に場所を聞いたところ、「ルムピニ公園、ウォンウィエンヤイなどの道路脇」が43・2%、「娯楽施設、カラオケ店、スパ、理髪店など」29・7%、「マッサージ店」16・8%、「インターネット」10・3%だった。

 「売春する理由は何だと思うか?」という質問には、30・6%が「収入を補うため」と回答した。次いで、「だまされた、もしくは強要された」が24・9%、「家庭の貧困」が21・5%だった。

 「タイが外国から売買春が盛んな国と見られていることを知っているか?」という質問には、58・1%が「知っている」と回答。「知らない」は29・1%だった。
《newsclip》

注目ニュース

人身売買容疑で警官逮捕、県知事に児童買春疑惑 タイ北部メーホンソン県newsclip

【タイ】ミャンマーと国境を接するタイ北部メーホンソン県で、未成年者に売春を強要していた疑いで警官が逮捕されるとともに、県知事が児童買春をしていた疑いが浮上した。

【タイ】バンコク都内ラチャダピセーク通りの大規模売春施設「ナタリー」の店員5人と運営会社が人身売買などの罪に問われた裁判で、一審のタイ刑事裁判所は19日、被告5人に禁錮8年6カ月―13年と罰金計3万...

【タイ】タイのテレビ報道によると、タイ警察は3日未明、東部パタヤ市の風俗街ウォーキングストリートで、売春容疑のウガンダ人とマダガスカル人の女39人を逮捕した。パタヤの売春取り締まりの一環。

パタヤで売春取り締まり 「世界の性産業首都」報道受けnewsclip

【タイ】タイ警察は24日未明、東部パタヤ市で、売春容疑の女、性転換者ら20人以上を逮捕した。逮捕者の国籍はタイのほか、ウガンダ、マダガスカルなど。

タイ警察、バンコクの大型売春施設手入れnewsclip

【タイ】タイ警察は7日夜、バンコク都フワイクワーン区の大型マッサージ店「ターンティップ」の手入れを実施し、売春、違法営業、違法改築などで営業停止を命じた。

売春容疑でスクムビット39のマッサージ店手入れnewsclip

【タイ】タイ当局は13日、バンコク都心のソイ・スクムビット39通りのマッサージ店「スタジオ・カワイイ」の手入れを行った。マッサージ店と偽り実際には性的サービスを行っていた疑い。

【タイ】タイのテレビ報道によると、タイ北部のウタラディット県警は5日、インターネットの交流サイト、フェイスブックを使って売春をあっ旋した容疑で、ウタラディット県在住のタイ人男(25)を逮捕した。

特集



新着PR情報