RSS

栗田工業、シンガポールに研究開発拠点

2017年5月2日(火) 21時38分(タイ時間)
【シンガポール】栗田工業(東京都中野区)は2日、グローバルな研究開発体制の強化を目的として、シンガポールに新会社「クリタR&Dアジア」を設立したと発表した。

 世界的に水需要が高まり、水資源の有効活用が求められる中で、栗田工業は海水淡水化や下水・排水の回収再利用を目的とした技術開発に力を入れている。水・環境技術に関わる大学・研究機関や企業の研究開発拠点が集積するシンガポールに研究開発拠点を設け、開発のスピードアップと技術力の強化を目指す。

 新会社はシンガポール西部の「クリーンテックパーク」内に開設する。シンガポールの研究機関などとの協業を強化し、最先端の技術情報をタイムリーに入手するとともに、現地での実証試験などを通じて市場競争力の高い技術の開発に取り組む。
《newsclip》

注目ニュース

【シンガポール】デンカ(東京都中央区)は健康・ライフサイエンス分野初の海外研究拠点「デンカ・ライフ・イノベーション・リサーチ」をシンガポール政府のバイオメディカルサイエンス研究拠点「バイオポリス」...

【シンガポール】住友化学は24日、シンガポール農食品獣医庁と共同で、都市型農業の研究開発プロジェクトを開始し、23日にシンガポールで栽培施設の開所式を行ったと発表した。

【シンガポール】不二製油(大阪府泉佐野市)は2015年3月をめどに、同社初の海外の研究開発拠点をシンガポール南西部のサイエンスパーク2に開設する。

【シンガポール】IHIは4日、シンガポール科学技術研究庁と包括的研究開発契約書に調印したと発表した。化学、情報通信、生産技術、バイオメディカルなどの分野で革新的な開発を目指す。

【シンガポール】NTTデータは1日、シンガポールに研究開発拠点NTTデータ・イノベーション・ラボラトリーズ・シンガポール、インドネシアにスマートコミュニティーに関する研究開発拠点NTTデータ・イノ...

特集



新着PR情報