RSS

BYDの純利益29%減、エコカー補助金削減の影響 第1四半期決算

2017年5月4日(木) 20時42分(タイ時間)
BYD ダイナスティ(中国名:王朝  上海モーターショー2017)の画像
BYD ダイナスティ(中国名:王朝 上海モーターショー2017)
BYDオートのTANG(唐)の画像
BYDオートのTANG(唐)
BYDのEVバスの画像
BYDのEVバス
世界有数の電池メーカーで、自動車事業も手がける中国のBYDは4月28日、2017年第1四半期(1~3月)の決算を公表した。

同社の発表によると、売上高は210億4613万元(約3410億円)。前年同期の202億8525万元に対して、3.7%増加した。

一方、第1四半期の純利益は、6億0579万元(約980億円)。前年同期の8億5070万元に対して、28.8%の大幅な減益となっている。

大幅な減益となった大きな要因が、新車販売の減速。自動車部門のBYDオート(比亜迪汽車)が、中国政府の補助金によって、EVやプラグインハイブリッド車(PHV)の販売を伸ばしてきた。しかし、この補助金の削減で、新車販売が落ち込んだ。

BYDの2016年通期決算は、売上高が前年比29%増の1002億0770万元。純利益は50億5215万元で、前年同期に対して79%の大幅な増益を達成している。
《森脇稔@レスポンス》


新着PR情報