RSS

日本工営、シンガポール水力発電事業投資会社に出資

2017年5月9日(火) 13時31分(タイ時間)
【シンガポール】日本工営(東京都千代田区)は9日、シンガポールの水力発電事業投資会社アイロンモントハイドロの第3者割当増資を引き受け、1000万ドル出資すると発表した。

 アイロンモントハイドロはインドネシアを含むアジア全域で、水力発電事業投資・管理・開発に取り組んでいる。日本工営は同社への出資を通じ、アジアの中小水力発電事業の創出と運営に参画する。
《newsclip》

注目ニュース

オリックス、ベトナム水力発電所会社に出資newsclip

【ベトナム】オリックスは2日、ベトナムで水力発電事業を行うベテクスコ・パワー・コーポレーションにシンガポールのUOBベンチャー・マネジメントと共同で出資すると発表した。

【ミャンマー】東芝は3月30日、ミャンマー電力庁がマンダレー市北東に建設する予定のアッパーイェワ水力発電所(出力308メガワット)向けに、77メガワットの水車と水車発電機4ユニットを受注したと発表...

【ラオス】日立三菱水力は6月30日、メコン川の支流でラオス中部を流れるナムニアップ川に建設されるナムニアップ1水力発電所の機電設備工事一式を受注したと発表した。

【ラオス】関西電力はタイ発電公社(EGAT)、ラオス政府と合弁で、メコン川の支流でラオス中部を流れるナムニアップ川に水力発電ダムを建設し、2019年1月に運転を開始する計画だ。

特集



新着PR情報