RSS

日新、マレーシアに総合物流会社

2017年5月10日(水) 23時16分(タイ時間)
【マレーシア】日新(横浜市)は10日、マレーシアのシャーアラム市に総合物流事業を手がける全額出資子会社を設立したと発表した。

 新会社は「ニッシン・インターナショナル・ロジスティクス(M)」(資本金1220万リンギ)。

 日新は1994年にマレーシア法人NISTRANS(M)を設立。現在、同国内に8つの拠点を持ち、総合物流サービスを提供している。東南アジア事業の拡大を目指し、全額出資の新会社を設立した。
 
《newsclip》

注目ニュース

【ベトナム】センコー(大阪市北区)はハノイ市に隣接するベトナム北部フンイエン省フォーノイB工業団地に物流センターを建設し、12月に稼働する。敷地面積3万5000平方メートルで、鉄骨造平屋建て、延床...

商船三井、マレーシアの物流会社に21%出資newsclip

【マレーシア】商船三井(東京都港区)は30日、マレーシアの大手物流会社、PKTロジスティクス・グループの株式20・9%を取得したと発表した。

成田空港連絡ルートに選択肢、物流も加速…圏央道茨城県区間 2月26日全通newsclip

2月26日開通の圏央道 茨城県区間(境古河IC~つくば中央IC 28.5km)は、成田空港と日光・那須、富岡製糸場、川越などを結ぶ観光アクセスの向上のほか、成田空港連絡バスのルートの選択肢を増やす。

日本通運、中国の物流会社と化学品輸送で業務提携…天津爆発事故後の規制強化に対応newsclip

日本通運は、上海通運国際物流が中国最大手の通関・物流会社の中国外運グループの中外運化工国際物流)と、危険品を含む化学品輸送分野で業務提携を締結した。

【カンボジア】郵船ロジスティクス(東京都港区)と浪速運送(大阪市)は2017年春から、カンボジアから日本への衣料品物流ワンストップサービスを提供する。

特集



新着PR情報