RSS

イラン人男性が焼身、バンコクのイラン大使館前で

2017年5月19日(金) 15時50分(タイ時間)
【タイ】タイのテレビ報道によると、19日午後0時半ごろ、バンコク都内のソイ・スクムビット49通りの在タイ・イラン大使館前で、イラン人の男性(40)が自分に油のようなものをかけてライターで火を着けた。

 大使館の警備にあたっていた警官らが消火器で火を消し止めたが、男性は大やけどを負い、通報を受け現場に急行した慈善救急団体によって病院に搬送された。

 男性は火を放つ前、19日投票のイランの大統領選挙に関する政治的主張を訴えたとみられ、警察が詳しい状況を調べている。
《newsclip》

注目ニュース

【タイ】4日夜、タイ北部ラムパン県の村の民家で火事があり、現場でタイ人男性(63)の焼死体と、この男性の元内縁の妻のタイ人女性(50)が頭を銃で撃たれ、頭など数カ所を刃物で切られ、意識不明の重体と...

【タイ】タイのテレビ報道によると、22日午後11時ごろ、バンコク都心タニヤ通りのオフィスビル、タニヤプラザで、日本人男性(37)が4階ベランダで自分にガソリンをかけ火を放った後、吹き抜けに飛び降り...

【タイ】タイのテレビ報道によると、15日午前9時ごろ、バンコク都内のタイ首相府の向かいにある国民サービスセンターで、中部ロッブリ県の農家のタイ人女性(52)が自分の体に火を放ち、大やけどを負った。



新着PR情報