RSS

丸紅、KL郊外でマンション開発

2017年5月21日(日) 22時50分(タイ時間)
バンダルスンガイロン地区全景の画像
バンダルスンガイロン地区全景
写真提供、丸紅
完成予想図の画像
完成予想図
画像提供、丸紅
【マレーシア】丸紅はマレーシアの不動産デベロッパー、SHLコンソリデイティッドと共同で、クアラルンプール(KL)南東約15キロのバンダルスンガイロン地区で分譲住宅を開発する。

 丸紅は1990―2000年代にかけて、SHLと共同で、マレーシアで約8000戸の分譲住宅とゴルフ場を開発した。今回のプロジェクトは丸紅とSHLが過去に開発し、SHLが現在も開発を続けている「バンダルスンガイロン開発」の未開発エリアで、9階建てのマンション8棟、合計568戸を開発する。敷地面積約3・9ヘクタール、総事業費約60億円。2020年3月竣工を見込む。

 地区内には商業施設、病院、大学施設があり、居住人口が5万人を超える大規模住宅街となっている。周辺には複数のショッピングセンターがあり、2017年秋にはクアラルンプール中心部と結ぶ都市鉄道が開業する予定。

 丸紅は今回のプロジェクトを皮切りに、SHLと共同で、マレーシアでの住宅開発事業の拡大を目指す。
《newsclip》

注目ニュース

サンフロンティア不動産、ベトナム中部ダナンでマンション開発newsclip

【ベトナム】サンフロンティア不動産(東京都千代田区)はベトナム中部ダナン市の中心部で高層分譲マンションを独資で開発、販売する。ダナンでの日系企業独資の分譲マンション開発は初めて。

三菱地所レジデンス、KL近郊のマンション開発に参画newsclip

【マレーシア】三菱地所レジデンスは29日、マレーシアの大手企業IOI傘下の不動産会社パインプロパティーズがクアラルンプール(KL)近郊で開発中の住宅事業「ザ・ジェムズ」のプロジェクト会社の株式45...

【タイ】阪急不動産(大阪市北区)は26日、タイに合弁会社を設立し、バンコクで分譲マンションの開発に乗り出すと発表した。

三栄建築設計、ホーチミン市のマンション開発に参画newsclip

【ベトナム】三栄建築設計(東京都新宿区)は4日、ホーチミン市のマンション開発事業に参画すると発表した。

タイ住宅大手プルクサー、バンコクで大規模マンション開発newsclip

【タイ】タイの住宅大手プルクサー・リアルエステートはバンコク都フワイクワーン区で大規模マンションの開発に乗り出す。

三井不動産、バンコクのマンション事業拡大 1万戸超にnewsclip

【タイ】三井不動産はタイの不動産ディベロッパー、アナンダー・ディベロップメントと共同で進めるバンコクでのマンション開発で、新たに3物件(約2100戸)の販売を10月に開始する。バンコクでのマンショ...

西鉄と阪急不動産、ホーチミン市でマンション・戸建て住宅開発newsclip

【ベトナム】西日本鉄道(福岡市)と阪急不動産(大阪市)はベトナムの大手住宅ディベロッパー、ナムロン・インベストメントと共同で、ホーチミン市で分譲マンションと分譲戸建て住宅を開発する。

パナホーム マレーシアで戸建て、マンション販売newsclip

【マレーシア】パナホーム(大阪府豊中市)はマレーシアの大手不動産ディベロッパー、MKHと共同でクアラルンプール郊外のセランゴール州に開発した戸建て住宅490戸とマンション1棟を4月中旬に発売する。

【タイ】三菱地所レジデンスは29日、分譲マンションの開発販売を手がける新会社をバンコクに設立したと発表した。年間3―5物件、総売り上げ200億バーツ(約640億円)規模を目指す。



新着PR情報