RSS

ヤマトのタイ合弁、東部8県に宅急便サービス拡大

2017年5月25日(木) 15時14分(タイ時間)
【タイ】ヤマトホールディングスのタイの合弁会社SCGヤマト・エクスプレスは22日から、タイでの宅急便サービスのエリアを、これまでのバンコク首都圏(バンコク都、サムットプラカン県、ノンタブリ県、パトゥムタニ県)に加え、東部8県に拡大した。

 新たにサービスを開始したのはチャチュンサオ県、チョンブリ県、ジャンタブリ県、ナコンナヨク県、ラヨン県、プラジブリ県、サケーオ県、トラート県。

 SCGヤマト・エクスプレスは資本金6億3300万バーツで、ヤマトホールディングスの東南アジア地域統括会社ヤマトアジア(シンガポール)が35%、タイ王室系複合企業サイアム・セメント・グループ(SCG)が65%出資。今年1月にバンコク首都圏で宅急便サービスを開始した。
《newsclip》

注目ニュース

【日本、タイ】ヤマト運輸(東京都中央区)は4月17日から、日本発タイ向け一貫保冷小口輸送「国際クール宅急便」を開始する。タイでの日本食の需要増加に対応する。

【ベトナム】ヤマトホールディングスはベトナム国内と日本からベトナム国内向けに生鮮品や日本食材などの保冷小口配送を行う合弁会社をベトナムに設立し、9月に事業を開始する。

【アジア】ヤマトホールディングスは東アジア、東南アジアで展開する小口輸送網と、新たに買収したマレーシアのOTLグループの陸上幹線輸送網を結合し、中国―シンガポール間で定期的に幹線輸送を行う小口混載輸...

ヤマト、タイで宅急便開始newsclip

【タイ】ヤマトホールディングスは30日、タイの合弁会社SCGヤマト・エクスプレスが3日からタイで宅急便サービスを開始したと発表した。

特集



新着PR情報