RSS

阪神阪急HD、シンガポールの物流倉庫稼働

2017年5月25日(木) 23時10分(タイ時間)
 の画像
 
写真提供、阪急阪神ホールディングス
 の画像
 
画像提供、阪急阪神ホールディングス
【シンガポール】阪急阪神ホールディングスグループがシンガポール西部のジャランブロー地区に建設した物流倉庫が29日に稼働する。

 名称は「阪急阪神ロジスティクスセンター」。敷地面積1万9154平方メートル、鉄筋コンクリート造9階建てで、延床面積4万7885平方メートル。阪急電鉄と阪神電気鉄道が共同で設立した現地法人阪急阪神プロパティーズシンガポールが建設した。電子部品、ヘルスケア・医療機器、医薬品、自動車関連品、加工食品、最終消費財、電子商取引関連商品などの需要に対応する。

 国際物流網の東南アジア諸国連合(ASEAN)のハブと位置付け、国際輸送事業を担う現地法人阪急阪神エクスプレスシンガポールが運営主体となって物流事業の拡大を目指すほか、阪急電鉄、阪神電気鉄道が物流不動産事業を展開する。

 同センターはシンガポール中心部や既存の港湾地区からのアクセスが良好で、シンガポール政府が2020年代初頭から順次供用を開始する予定のトゥアス新港にも近い。

 阪急阪神グループのASEANの物流倉庫はインドネシアに続く2カ所目。
《newsclip》

注目ニュース

【ミャンマー】日本通運のミャンマー法人、日通ロジスティクスミャンマーがヤンゴン郊外のティラワ経済特別区に建設した多機能ロジスティクス倉庫が6月1日に営業を開始する。

【マレーシア】日本通運は15日、マレーシア法人のマレーシア日本通運がマレーシア政府のハラル(イスラム法に則った商品、サービス)認証機関であるマレーシアイスラム開発局から倉庫に関するハラル認証を取得...

【ミャンマー】鴻池運輸は4月27日、ミャンマー子会社のコウノイケ・ミャンマーがヤンゴン郊外のティラワ経済特別区に建設した倉庫が竣工し、4月1日に本格稼働を開始したと発表した。

郵船ロジスティクス、タイの倉庫がハラル認証取得newsclip

【タイ】郵船ロジスティクスは25日、タイ法人ユウセン・ロジスティクス(タイランド)の倉庫がタイのハラル(イスラム法に則った商品)認証機関であるタイ・イスラム中央委員会(CICOT)からハラル認証を...

両備、ミャンマー・ティラワ経済特区に冷凍冷蔵倉庫newsclip

【ミャンマー】両備ホールディングス(岡山市)はミャンマーに子会社を設立し、ヤンゴン郊外のティラワ経済特区で冷凍冷蔵倉庫を建設運営する。投資額約30億円。

ニッコンホールディングス、ベトナム南部の新倉庫竣工newsclip

【ベトナム】ニッコンホールディングス(東京都中央区)は16日、ベトナム子会社ニッポン・コンポウ・ホーチミンが同国南部ビンズオン省タンドンヒェップB工業団地に建設した倉庫が完成したと発表した。

住友倉庫、タイ東部レムチャバンの新倉庫竣工newsclip

【タイ】住友倉庫は19日、タイ子会社スミソ(レムチャバン)がタイ東部レムチャバンに建設した倉庫が竣工したと発表した。

特集



新着PR情報