RSS

タイ・ゼネコン最大手ITD、ダッカの都市鉄道建設受注

2017年5月30日(火) 01時12分(タイ時間)
【バングラデシュ】タイのゼネコン(総合建設会社)最大手イタリアンタイ・デベロップメント(ITD)は29日、ダッカの都市鉄道MRT6号線(全長20キロ)の建設の一部をダッカ・マストランジット・カンパニーから受注したと発表した。

 受注したのはウタラノース駅とアガルガオン駅を結ぶ高架鉄道(全長11キロ)と車両基地で、受注額は約200億バーツ。4年後完成の予定。

 MRT6号線は総予算2200億タカ(約3000億円)で、約75%を日本の円借款で賄う。 
《newsclip》

注目ニュース

バンコクの高架鉄道建設現場でクレーン落下、3人死亡newsclip

【タイ】4月28日午後8時20分ごろ、バンコク都ドンムアン区の都市鉄道新路線レッドラインの高架鉄道建設現場でクレーンの一部が落下し、建設作業員のタイ人男性3人(50、33、22)が死亡した。

バンコク首都圏の鉄道新線オレンジライン、792億バーツで土木工事発注newsclip

【タイ】タイ電車公社(MRTA)は9日、バンコク首都圏の都市鉄道新線オレンジラインの一部、22・6キロ(地下10駅、高架7駅)の土木工事をタイの地場系建設会社に発注した。契約額は計792・2億バー...

特集



新着PR情報