RSS

日本郵船など3社、定期コンテナ船事業統合でシンガポールに事業会社

2017年6月1日(木) 01時08分(タイ時間)
【シンガポール】日本郵船、商船三井、川崎汽船の3社は31日、昨年10月に発表した定期コンテナ船事業の統合に向け、持ち株会社を日本に、事業会社をシンガポールに設立すると発表した。

 提供するサービスの商標は「オーシャン・ネットワーク・エクスプレス」。事業会社の地域統括拠点を香港、シンガポール、ロンドン、米バージニア州リッチモンド、サンパウロに設立し、2018年4月にサービスを開始する予定。
《newsclip》

注目ニュース

郵船ロジスティクス、タイの倉庫がハラル認証取得newsclip

【タイ】郵船ロジスティクスは25日、タイ法人ユウセン・ロジスティクス(タイランド)の倉庫がタイのハラル(イスラム法に則った商品)認証機関であるタイ・イスラム中央委員会(CICOT)からハラル認証を...

商船三井、マレーシアの物流会社に21%出資newsclip

【マレーシア】商船三井(東京都港区)は30日、マレーシアの大手物流会社、PKTロジスティクス・グループの株式20・9%を取得したと発表した。

【マレーシア】郵船ロジスティクスは26日、同社のマレーシア法人TASCOがマレーシアでコールドチェーン事業を展開する大手物流会社ゴールド・コールド・トランスポートとMILSコールド・チェーン・ロジ...

【中国、ベトナム、インドネシア】 川崎汽船は26日から、中国とベトナム、インドネシアを直航で結ぶコンテナ船サービスを週1便運航する。

【カンボジア】郵船ロジスティクス(東京都港区)と浪速運送(大阪市)は2017年春から、カンボジアから日本への衣料品物流ワンストップサービスを提供する。

【ベトナム】日本郵船は5日、ベトナムに完成車物流会社を設立すると発表した。主に輸入車の車両蔵置と配送、完成車の納品前点検・補修・部品補給サービスを行う。

川崎汽船、タイ発豪州向け完成車輸送サービスを増強…メーカーの現地生産撤退に対応newsclip

川崎汽船は、タイ出し豪州(オーストラリア)向け完成車輸送サービスを増強すると発表した。

特集



新着PR情報