RSS

タイの新送金サービス、利用回数750万回に

2017年6月1日(木) 23時54分(タイ時間)
プリディー・タイ銀行協会会長の画像
プリディー・タイ銀行協会会長
写真提供、カシコン銀行
【タイ】タイ銀行協会(TBA)によると、今年第1四半期に導入された銀行間の新送金システム「プロンプトペイ」を利用した送金は5月21日までで約750万回、計480億バーツだった。登録者数は法人約3万社、個人2830万人。

 「プロンプトペイ」は銀行口座番号にひも付けられた携帯電話番号、身分証明証番号、タックスID番号を使い、ATM(現金自動預払機)やインターネットバンキングで送金できるシステム。送金手続きが簡単で、従来の送金より手数料が大幅に下がった。今年1月27日に個人向け、3月1日に法人向けのサービスが開始された。
《newsclip》

注目ニュース

日米などでネット不正送金か、タイでロシア人男とウズベキスタン人女逮捕newsclip

【タイ】タイ警察は21日、米連邦捜査局(FBI)の要請に基づき、ロシア人の男(44)とウズベキスタン人の女(25)を逮捕したと発表した。

【ミャンマー】日本郵便と電通の合弁会社JPメディアダイレクトと日立製作所は5日、ミャンマーのミャンマー郵便が運営する送金サービスの電子化を支援すると発表した。

特集



新着PR情報