RSS

外務省の海外在留邦人調査 タイ7万人、ベトナム1・6万人

2017年6月4日(日) 18時52分(タイ時間)
【アジア】日本の外務省がまとめた「海外在留邦人数調査統計」によると、海外在住の日本人(3カ月以上の長期滞在者と永住者の合計)は2016年10月1日時点で133万8477人で、前年の調査から1・6%増加した。

 長期滞在者が1・2%増の87万49人、永住者が2・5%増の46万8428人だった。

 男女別では女性が69万6413人、男性が64万2064人。

 国・地域別で最も多かったのは米国で42万1665人(前年比0・5%増)。次いで、2位中国12万8111人(同2・3%減)、3位オーストラリア9万2637人(同3・9%増)、4位タイ7万337人(同4・3%増)、5位カナダ7万174人(同5・9%増)、6位英国6万4968人(同4・5%減)、7位ブラジル5万3400人(同1・1%減)、8位ドイツ4万4027人(同4・3%増)、9位フランス4万1641人(同3・3%増)、10位韓国3万8045人(増減なし)――。中国は2012年の15万399人をピークに毎年減り続けている。

 アジアの各国・地域は11位シンガポール3万7504人(同1・5%増)、12位マレーシア2万3693人(同4%増)、13位台湾2万1887人(同8・6%増)、14位インドネシア1万9312人(同4・6%増)、16位フィリピン1万6977人(同0・3%減)、17位ベトナム1万6145人(同9・9%増)、22位インド9147人(同5・7%増)、32位カンボジア3049人(同22・4%増)、35位ミャンマー2315人(同30・3%増)――。
《newsclip》

注目ニュース

パタヤのロシア人は何処へ 変わりゆくタイ東部newsclip

3年前になる。パタヤビーチ沿いの大型ショッピングモール内のある日本食レストランに入ったときのことだった。

日本人も利用に注意、旅行業務ライセンス取り消し続出 変わりゆくタイ東部newsclip

タイ観光スポーツ省観光局が、旅行代理店に対してのライセンス取り消しを同局ウェブサイトで公開しており、その数は多数に上る。

ゴルフは「ハイシーズン」か「ベストシーズン」か? 変わりゆくタイ東部newsclip

タイを訪れる日本人観光客の認識では、4月から10月が雨期、11月から3月が乾期。

タイ東部のコリアンタウン 変わりゆく東部newsclip

かつてはタイ東部の古びた漁村だったパタヤ。1960―70年代のベトナム戦争中に米軍保養地として栄え、その後はバンコクとの組み合わせで日本からの団体旅行(パッケージツアー)の主要観光地となる。

「3年後のパタヤ」着々と進む究極の娯楽施設誘致 変わりゆくタイ東部newsclip

【タイ】未来像がなかなか見えてこない、訪れる者に殺伐とした印象を与える街がパタヤだが、実は究極の娯楽施設の誘致計画が昔からある。

特集



新着PR情報