RSS

殺害した遺体の上に仏像、僧侶ら逮捕 タイ南部の仏教寺院

2017年6月5日(月) 10時53分(タイ時間)
 の画像
 
写真提供、タイ警察
 の画像
 
写真提供、タイ警察
 の画像
 
写真提供、タイ警察
 の画像
 
写真提供、タイ警察
【タイ】タイ南部ナコンシータマラート県の仏教寺院で見習い僧(沙弥)の少年(17)が今年1月から行方不明になっていた事件で、タイ警察は1日、この寺の僧侶の男(36)と交際相手の女(40)、見習い僧(18)を傷害致死などの容疑で逮捕した。

 翌2日、男の供述に基づき、寺の境内の仏像が置かれていた場所をショベルカーで掘り返し、行方不明の少年とみられる遺体を発見した。また、寺の前住職(79)が2年以上前から僧房に閉じ込められていたことが判明した。

 調べによると、男と交際相手はお守りの販売や駐車料金、境内の露店の出店料といった寺の収入を管理し、寺を実質的に牛耳っていた。男と見習い僧は今年1月、現金5万バーツや金製品が入った財布を盗んだとして、少年に暴行を加え、死亡させた。遺体を境内に埋めて、コンクリートを流し込み固め、その上に仏像を置いた。男は犯行後、出家し、僧侶となった。

 男は犯行を認め、罪を悔いて出家し、遺体の上に仏像を置いたなどと供述した。

 警察は余罪があるとみて、寺の経営状況などを詳しく調べる方針。
《newsclip》

注目ニュース

【タイ】タイのテレビ報道によると、タイ東北部サコンナコン県の仏教寺院ワット・シリモンコンで、冷蔵保存されていた前住職ソーポンタマウィワット僧の遺体がなくなっていることが判明し、警察が捜査に乗り出した。

マネロン容疑の教祖どこに タイ当局、巨大寺院の捜索終了かnewsclip

【タイ】資金洗浄(マネーロンダリング)取締法違反容疑で逮捕状が出ている新興仏教団体タンマカーイの教祖、プラタマチャヨー僧(72)の行方を捜査しているタイ法務省特捜局(DSI)はバンコク北郊のタンマ...

新大僧正の寺で小火、関係者は放火否定 バンコクのラーチャボピット寺newsclip

【タイ】9日朝、バンコク都内のワット・ラーチャボピット寺で小火があり、建物の木製の扉の一部が焼損した。寺の関係者は、漏電が原因として、放火を否定している。警察は当面の間、ラーチャボピット寺の警備を...

タイ東部の寺で手りゅう弾爆発 男女4人死亡、5人けがnewsclip

【タイ】29日未明、東部チャチュンサオ県のアムパワン寺の境内で手りゅう弾が爆発し、タイ人の女性2人(30、30)と男性2人(45、33)が死亡、男性5人(52、35、30、20、18)がけがをした。

タイのトラ寺 今度はトラの敷物、トラ皮のお守り押収newsclip

【タイ】タイのテレビ報道によると、100頭を超えるトラの強制移送が始まった西部カンジャナブリ県の仏教寺院ワット・ルアンターマハーブアで、2日、トラの敷物2枚、牙9本、透明なケースにトラの皮が入った...

特集



新着PR情報