RSS

カラオケ嬢を殺害、切断 タイ人女ら5人逮捕

2017年6月5日(月) 10時53分(タイ時間)
逮捕された容疑者の女の画像
逮捕された容疑者の女
写真提供、タイ警察
逮捕された容疑者の女の画像
逮捕された容疑者の女
写真提供、タイ警察
【タイ】先月25日、タイ東北部コンケン県の林で、2つに切断されたタイ人女性(22)の遺体がみつかった事件で、タイ警察は3日までに、タイ人の女4人と男1人を殺人などの疑いで逮捕した。

 調べによると、被害者と容疑者グループはいずれも麻薬取引に関わっていた。被害者は昨年、警察に麻薬容疑で逮捕された際に、主犯格の女(24)らが麻薬取引に関与していると供述。これを知った容疑者グループが被害者を勤務先のコンケン市内のカラオケ店から拉致し、主犯格の女が絞殺した後、死体を切断して遺棄した。

 容疑者の男(22)は5月30日にラオスで、その交際相手の女(21)は同日、タイ東北部ウボンラチャタニ県で逮捕された。主犯格の女と別の女2人(28、25)はタイ北部チェンライ県メーサイからミャンマーのタチレクに逃走したが、3日、タイ警察に出頭し、逮捕された。

 容疑者グループは犯行を大筋で認めている。
《newsclip》

注目ニュース

【タイ】タイのテレビ報道によると、18日午後11時半ごろ、タイ深南部ソンクラー県テーパー郡のカラオケ店で爆弾2発が爆発し、従業員のタイ人女性(28)が死亡、客、店員ら男女6人が重軽傷を負った。

【タイ】タイのテレビ報道によると、16日早朝、タイ北部チェンマイ市の路上で、オーストラリア人の父子(60、17)が暴行を受け、顔、胸などに大けがを負った。

女性同伴でカラオケ店を出ると… 日本人狙ったひったくり頻発、バンコク・スクムビット地区newsclip

【タイ】在留邦人や日本人旅行者が集中するバンコクのスクムビット地区で最近、日本人を狙ったひったくりが頻発している。週末は日本人の被害だけで10件近く起きており、注意が必要だ。

マレーシア人8人に11・4万バーツ請求、チェンマイのカラオケ店に営業停止命令newsclip

【タイ】タイ北部チェンマイ市のカラオケ店が客のマレーシア人に多額の「料金」を支払わせたことが明らかになり、当局が取り締まりに動き出した。



新着PR情報