RSS

70歳女性に性的暴行、ナイフで刺す 容疑のタイ人警備員逮捕

2017年6月6日(火) 22時55分(タイ時間)
【タイ】タイのテレビ報道によると、5日未明、タイ東部パタヤ市の小屋に男が押し入り、中にいた露天商のタイ人女性(70)に性的暴行を加え、抵抗した女性の胸をナイフで刺すなどした。

 男は暴行後、逃走を図ったが、女性が血まみれになりながら後を追いかけて助けを求め、近くにいた商店主ら十数人が男を探して取り押さえ、警察に引き渡した。

 男はパタヤのショッピングセンターの警備員(30)で、取り調べに対し、犯行を否認した。警察は男を強姦、傷害などの容疑で逮捕し、取り調べている。
《newsclip》

注目ニュース

パタヤのロシア人は何処へ 変わりゆくタイ東部newsclip

3年前になる。パタヤビーチ沿いの大型ショッピングモール内のある日本食レストランに入ったときのことだった。

日本人も利用に注意、旅行業務ライセンス取り消し続出 変わりゆくタイ東部newsclip

タイ観光スポーツ省観光局が、旅行代理店に対してのライセンス取り消しを同局ウェブサイトで公開しており、その数は多数に上る。

ゴルフは「ハイシーズン」か「ベストシーズン」か? 変わりゆくタイ東部newsclip

タイを訪れる日本人観光客の認識では、4月から10月が雨期、11月から3月が乾期。

パタヤの中国人に続く大事なお得意様 変わりゆくタイ東部newsclip

昨年10月ごろタイのニュースなどで大きく取り沙汰された「0ドルツアー」問題。

パタヤにもある「日本のクオリティ」 変わりゆくタイ東部newsclip

一昔前まで「東洋のリビエラ」「タイの熱海」などと呼ばれたパタヤビーチ。バブル時代には日本からの団体旅行が多く、昼はマリンスポーツや射撃、夜はキャバレーショーと、日本人旅行者でにぎわう光景が普通に見...

タイ東部のコリアンタウン 変わりゆく東部newsclip

かつてはタイ東部の古びた漁村だったパタヤ。1960―70年代のベトナム戦争中に米軍保養地として栄え、その後はバンコクとの組み合わせで日本からの団体旅行(パッケージツアー)の主要観光地となる。

「3年後のパタヤ」着々と進む究極の娯楽施設誘致 変わりゆくタイ東部newsclip

【タイ】未来像がなかなか見えてこない、訪れる者に殺伐とした印象を与える街がパタヤだが、実は究極の娯楽施設の誘致計画が昔からある。

パタヤの観光バブルの中で 変わりゆく東部newsclip

ここ数年、タイ東部のビーチリゾートのパタヤ、特に市中心部は観光客があふれんばかりだ。メインゲストは圧倒的に中国、次にインド、そしてハイシーズンになるとロシアが加わる。

タイの不況と中国という「禁断の果実」 変わりゆく東部newsclip

チョンブリ県シーラチャおよびパタヤやラヨーン県といったタイ東部のゴルフ場は今年、来場者数が期待以上に伸びていない。

特集



新着PR情報