RSS

【CESアジア2017】ホンダ 脇谷氏「心を動かすモノ、コトで新しい価値を」

2017年6月7日(水) 22時41分(タイ時間)
ホンダ(CESアジア2017)の画像
ホンダ(CESアジア2017)
《撮影 池原照雄》
ホンダ(CESアジア2017)の画像
ホンダ(CESアジア2017)
《撮影 池原照雄》
ホンダ(CESアジア2017)の画像
ホンダ(CESアジア2017)
《撮影 池原照雄》
ホンダ「R&DセンターX」の脇谷勉執行役員センター長の画像
ホンダ「R&DセンターX」の脇谷勉執行役員センター長
《撮影 池原照雄》
ホンダは6月7日、に中国・上海市で開幕した「CESアジア2017」に、AI(人工知能)技術による「感情エンジン」を搭載し、自動運転機能も備えたEVコミューターのコンセプトカー「NeuV」や、独自のバランス制御技術を応用した二輪車のコンセプト「ライディングアシスト」などを出展した。

同日開いたプレスカンファレンスには本田技術研究所が今年4月に新設した「R&DセンターX」の脇谷勉執行役員センター長が出席し、「これからの時代はモノづくりだけでなくコトづくりが重要となる」と指摘。そのうえで「この推進にはAI、ビッグデータ、ロボティクスの活用に加え、ハードウェアに特化した従来のメカニカルエンジニアリングが必要だ。これらによって人に寄り添い、つながり、心を動かすモノ、コトによって新しい価値をつくっていきたい」と語った。

同センターは、AIやロボティクスなどの新技術領域を専門に開発する部署として開設、研究機関や企業など外部と協業するオープンイノベーションでの開発を重視していく方針としている。脇谷氏は同センターの運営について「当面、ロボティクスとその基盤となるAIに取り組んでいくが、世の中の変化にも臨機応変に対応してターゲットを定めたい」と述べた。

ホンダはこのほか、パーソナルモビリティの「UIN-CUB β」なども出展している。CESアジアの会期は9日まで。

協力:ホンダ(CESアジア取材)
《池原照雄@レスポンス》


新着PR情報