RSS

タイ深南部で軍車両爆破 兵士6人死亡、4人負傷

2017年6月19日(月) 16時21分(タイ時間)
軍車両爆破事件に関する記者会見(19日)の画像
軍車両爆破事件に関する記者会見(19日)
写真提供、タイ国内治安維持司令部(ISOC)
軍車両爆破事件に関する記者会見(19日)の画像
軍車両爆破事件に関する記者会見(19日)
写真提供、タイ国内治安維持司令部(ISOC)
【タイ】19日午前11時半ごろ、タイ深南部パタニー県で、パトロール中のタイ軍のピックアップトラックが爆弾の直撃を受け、乗っていた兵士6人が死亡、4人がけがをした。

 現場は湿地帯の中を走る未舗装の1本道。犯人は路面下に埋設した大型の爆弾を遠隔操作で爆破したとみられている。

 パタニーでは前日の17日昼ごろ、天然ゴム農園で仏教徒住民の少年5人が武装グループから銃撃を受け、2人(19、18)が死亡した。

 タイ治安当局は、いずれの事件も、タイからの深南部の分離独立を掲げるマレー系イスラム武装勢力による犯行とみている。

 タイ深南部(パタニー、ナラティワート、ヤラーの3県とソンクラー県の一部)は住民の大半がマレー語方言を話すイスラム教徒で、一部がタイからの分離独立を掲げて過激化し、タイ当局との武装抗争を続けている。2004年以降、1万6000件を超えるテロが発生し、6700人以上が死亡した。


《タイ深南部で今年4月以降に発生した主なテロ》
▼4月3日、ヤラーの警察検問所が武装グループの襲撃を受け、警官9人が負傷。
▼4月20日、ナラティワート、パタニー、ソンクラーで、警察署、検問所など13カ所が武装グループの襲撃を受け、武装グループ側の2人が誤爆で死亡、自警団員1人が銃で撃たれ負傷。
▼4月27日、ナラティワートで、タイ軍兵士6人が乗ったピックアップトラックが武装グループの襲撃を受け、銃で撃たれるなどして6人全員が死亡。
▼5月9日、パタニー市のショッピングセンター、ビッグCパタニー店前に駐車したピックアップトラックが爆発し、61人が負傷、店舗の一部と自動車、バイク約40台が破損。犯行に使われたピックアップトラックの持ち主の男性は11日、パタニー県内の水路で遺体がみつかった。犯人グループは男性を殺害してピックアップトラックを奪い、爆弾を仕掛けてビッグCパタニー店前に乗り捨てたとみられる。
《newsclip》

注目ニュース

【タイ】タイのテレビ報道によると、16日午後1時ごろ、バンコク都内のソイ・スクムビット40通りで爆発が起き、清掃員のタイ人女性2人(51、43)が軽いけがをした。

【タイ】5月22日にバンコク都内の戦勝記念塔近くにある国立病院の待合室で爆弾が爆発し、患者ら24人がけがをした事件で、タイ警察は15日、容疑者のタイ人男(62)を逮捕し、都内にある男の自宅から爆弾...

【タイ】タイのテレビ報道によると、昨年10月にバンコクで爆弾テロを企てたとして指名手配されていたタイ人の男4人(23、21、19、19)が17日、警察に出頭し、逮捕された。



新着PR情報