RSS

信越化学、ベトナムでレアアース磁石生産能力倍増

2017年6月22日(木) 22時49分(タイ時間)
【ベトナム】信越化学工業(東京都千代田区)はレアアース磁石を製造するベトナム子会社シンエツ・マグネティック・マテリアルズ・ベトナム(SMMV)の年産能力を現在の1100トンから2200トンに倍増する。自動車用途を中心とした需要増に対応する。

 これに合わせ、原料の精製から成型、焼結までの一貫生産体制を構築する。

 投資額50億円で、工事は2018年半ば完成の予定。

 レアアース磁石はハイブリッド車、電気自動車、省エネ型エアコン、ハードディスクドライブなど幅広い用途で使われている。SMMVは2016年に工場が完成し、操業を開始した。SMMVで生産したレアアース磁石は信越化学が東南アジア諸国で展開する工場で加工し、需要家に出荷される。
《newsclip》

注目ニュース

【タイ】信越化学工業は約200億円を投じてタイ工場を増設し、シリコーンモノマーの生産能力を現在の年7万トンから10万5000トンに、最終製品であるシリコーンポリマーの生産能力を年5万4000トンか...



新着PR情報