RSS

東南アジア現代美術展 国立新美術館、森美術館で

2017年6月27日(火) 22時06分(タイ時間)
【日本】国際交流基金アジアセンター、国立新美術館、森美術館は7月5日から10月23日、「サンシャワー:東南アジアの現代美術展 1980年代から現在まで」を国立新美術館と森美術館で同時開催する。

 東南アジア諸国連合(ASEAN)設立50周年にあたる2017年に東南アジアの現代美術を紹介する史上最大規模の展覧会。2年半にわたる現地調査を経て、ASEAN10カ国から86組のアーティスを選定、計約180点の作品を2館の会場で展示する。

 タイからはリクリット・ティラヴァーニャ、アピチャッポン・ウィーラセタクン、ナウィン・ラワンチャイクンなど16組のアーティストが出展する。オープニングに8組のタイ人アーティストが出席するほか、8月上旬には、ドゥサディー・ハンタクーン出演による関連プログラム「いろんな世代の人と一緒にアーティストに出会う」の開催も予定されている。
《newsclip》

特集



新着PR情報