RSS

ケーヒン、インドの二輪向けFIシステム供給体制を強化

2017年6月29日(木) 11時44分(タイ時間)
ケーヒンは6月28日、インドにグローバル最大の二輪車用電子燃料噴射システム(FIシステム)供給体制を構築すると発表した。

現在、インドにおける二輪車用製品の生産は、現地子会社のケーヒンエフ・アイ・イー・(KFI)の3工場で二輪車用キャブレターを年間約1300万台生産している。インドでは2020年に二輪車の環境規制基準強化が計画されており、キャブレターから燃料と空気を精密にコントロールできるFIシステムへの移行が本格的に進むことが予想されている。

ケーヒンでは、それにあわせ、インド北部の子会社ケーヒンインディアマニュファクチュアリング(KPL)の新工場(第2工場)を建設するとともに、KPLの第1工場とKFIの第3工場を拡張。最大約180億円を投資し、二輪車用FIシステムの供給体制を構築する。

新設するKPL第2工場では、インジェクターと燃料ポンプの構成部品であるフューエルフィードポンプを、拡張するKPL第1工場では電子制御ユニットを、KFI第3工場ではスロットルボディと燃料ポンプを、いずれも2019年より生産開始する予定だ。

ケーヒンは現在、グローバルで1000万台のFIシステムを提供。今後は、市場が拡大するインドを中心に、FIシステムの供給体制を強化し、将来的には年間2000万台まで生産能力を拡大させ、グローバルサプライヤーとして競争力を向上させていく。
《纐纈敏也@DAYS@レスポンス》


新着PR情報