RSS

ライオンとシンガポールのウィルマー、植物由来の界面活性剤事業で合弁

2017年7月2日(日) 00時20分(タイ時間)
【シンガポール】ライオン(東京都墨田区)は30日、シンガポールのアグリビジネス大手ウィルマー・インターナショナルと折半出資で、植物由来の界面活性剤(アルファスルホ脂肪酸メチルエステル塩=MES)事業を手がける合弁会社をシンガポールに設立すると発表した。

 ライオンのマレーシア子会社でMESを製造販売するライオンエコケミカルズと、ウィルマーグループ保有の製造設備を移管してMESを生産するインドネシアの新会社が、新合弁会社の傘下に入り、MES事業を行う。
《newsclip》

特集



新着PR情報