RSS

ネット広告のフリークアウト、東南アジア6カ国に拠点

2017年7月9日(日) 22時43分(タイ時間)
【ベトナム、マレーシア、フィリピン】フリークアウト・ホールディングス(東京都港区)は6日、シンガポール、タイ、インドネシアに続く東南アジアの新拠点として、ベトナム、マレーシア、フィリピンに現地法人を設立したと発表した。

 各国の有力メディアと提携し、広告プラットフォームを東南アジア全域で提供する。提携メディアはタイがポータルサイト最大手サヌック、ベトナムが同国最大のオンラインニュースサイトのVNエクスプレス、インドネシアが最大手紙コンパスのオンライン版など。

 フリークアウトによると、タイ、インドネシア、ベトナム、マレーシア、フィリピンの2016年のデジタル広告費は1500億円で、2020年には2700億円に拡大する見通し。
《newsclip》

注目ニュース

【タイ】インターネット広告のレントラックス(東京都江戸川区)は成果報酬型広告サービス、検索連動型広告代行、中古建設機械などの売買マッチングサイト運営を手がける合弁会社を4月にタイで設立する。

【ベトナム】インターネット広告会社のアドウェイズ(東京都新宿区)は23日、ベトナム子会社アドウェイズ・テクノロジー・ベトナムのスマートフォンアプリ開発事業をLINEのベトナム子会社LINEベトナム...

【東南アジア】セプテーニ・ホールディングス(東京都新宿区)は9月30日、東南アジアでインターネット広告代理業を展開するライオン・デジタル・グローバル(香港)の株式96%を1382・5万ドルで取得す...

【タイ】インターネット広告代理店のブレイク・フィールド(東京都千代田区)は21日、タイに子会社を設立したと発表した。現地の日系企業などに対し、グーグル、フェイスブック、ユーチューブなどを使ったイン...

【シンガポール】インタースペース(東京都新宿区)はインターネット広告、海外向けスマートフォンアドネットワークなどの事業を手がける子会社をシンガポールに設立し、2月に営業を開始する。



新着PR情報