RSS

セイコーエプソン、フィリピンのインクジェットプリンター新工場竣工

2017年7月9日(日) 22時43分(タイ時間)
新工場外観の画像
新工場外観
写真提供、セイコーエプソン
【フィリピン】セイコーエプソン(長野県諏訪市)は6日、フィリピン子会社エプソン・プレシジョン(フィリピン)が1億4300万ドルを投じて同国のリパ市に建設したインクジェットプリンターの新工場が竣工したと発表した。

 延床面積約10・8万平方メートルで、最大出力約3000キロワットの太陽光発電設備を建物の屋根に設置した。 

 エプソン・プレシジョン(フィリピン)はインクジェットプリンター、プロジェクター、スマートグラスを生産。従業員約1万4400人で、生産体制の強化にともない、2万人まで増員する予定。
《newsclip》


新着PR情報