RSS

中国ジーリーの新ブランド、ボルボの小型プラットフォーム採用し市販化へ

2017年7月10日(月) 22時42分(タイ時間)
LYNK&CO 03 開発車両 スクープ写真の画像
LYNK&CO 03 開発車両 スクープ写真
《APOLLO NEWS SERVICE》
LYNK&CO 03 開発車両 スクープ写真の画像
LYNK&CO 03 開発車両 スクープ写真
《APOLLO NEWS SERVICE》
LYNK&CO 03 開発車両 スクープ写真の画像
LYNK&CO 03 開発車両 スクープ写真
《APOLLO NEWS SERVICE》
LYNK&CO 03 開発車両 スクープ写真の画像
LYNK&CO 03 開発車両 スクープ写真
《APOLLO NEWS SERVICE》
LYNK&CO 03 開発車両 スクープ写真の画像
LYNK&CO 03 開発車両 スクープ写真
《APOLLO NEWS SERVICE》
LYNK&CO 03 開発車両 スクープ写真の画像
LYNK&CO 03 開発車両 スクープ写真
《APOLLO NEWS SERVICE》
LYNK&CO 03 開発車両 スクープ写真の画像
LYNK&CO 03 開発車両 スクープ写真
《APOLLO NEWS SERVICE》
LYNK&CO 03 開発車両 スクープ写真の画像
LYNK&CO 03 開発車両 スクープ写真
《APOLLO NEWS SERVICE》
LYNK&CO 03 開発車両 スクープ写真の画像
LYNK&CO 03 開発車両 スクープ写真
《APOLLO NEWS SERVICE》
LYNK&CO 03 開発車両 スクープ写真の画像
LYNK&CO 03 開発車両 スクープ写真
《APOLLO NEWS SERVICE》
LYNK&CO 03 開発車両 スクープ写真の画像
LYNK&CO 03 開発車両 スクープ写真
《APOLLO NEWS SERVICE》
中国最大手メーカー、ジーリー・オート・グループ(吉利汽車)の新世代ブランド「LYNK & CO」。その最新コンセプトモデル「03」の市販に向けたプロトタイプを、カモフラージュの軽い状態でキャッチした。

プラットフォームには、同じ吉利集団のボルボが開発したコンパクトモデル専用「CMA」(コンパクト・モジュラー・アーキテクチャ)が採用されると噂されている。デジタル車載シェアボタンなどを装備し、「世界で最も進んだコネクテッドカー」を目指して市販化される。

「LYNK & CO」は2016年にSUVコンセプト「01」を発表しており、近く公開予定の「02」と合わせ3兄弟のラインアップを展開するようだ。

今回捉えた「03」市販型は、縦長のLEDヘッドライト、上下二分割された横長エアインテーク、フォグランプなどを装備し、コンセプトモデルにそっくりな“爬虫類顔”が確認出来る他、L字型テールライトもそのまま採用されそうだ。

発売は2018年内が期待されている。
《子俣有司@Spyder7@レスポンス》


新着PR情報