RSS

前タイ国王の火葬施設、建設進む

2017年7月10日(月) 22時44分(タイ時間)
火葬施設の建設現場(7月6日)の画像
火葬施設の建設現場(7月6日)
写真提供、タイ首相府
建設現場を視察するタナサック副首相(7月6日)の画像
建設現場を視察するタナサック副首相(7月6日)
写真提供、タイ首相府
火葬施設の建設現場(7月6日)の画像
火葬施設の建設現場(7月6日)
写真提供、タイ首相府
火葬施設の建設現場(7月6日)の画像
火葬施設の建設現場(7月6日)
写真提供、タイ首相府
火葬施設の建設現場(7月6日)の画像
火葬施設の建設現場(7月6日)
写真提供、タイ首相府
火葬施設の建設現場(7月6日)の画像
火葬施設の建設現場(7月6日)
写真提供、タイ首相府
【タイ】故プミポン前タイ国王の火葬施設の建設が進んでいる。工事進捗率は60―70%で、予定より2週間早いペースだという。

 火葬施設は須弥山をイメージしたもので、基部が60メートル四方、高さが50・49メートルに達する。9月までに完成する予定。

 プミポン前国王は昨年10月13日、入院先のバンコクのシリラート病院で死去した。在位70年、88歳だった。遺体はバンコクの王宮に安置され、今年10月25―29日に葬儀が行われる。荼毘に付すのは10月26日で、同日は公休日となる。
《newsclip》

特集



新着PR情報