RSS

タイ軍政、兵器ショッピング止まらず 今度は韓国製練習機

2017年7月11日(火) 23時26分(タイ時間)
【タイ】タイのテレビ報道によると、タイ軍事政権は11日の閣議で、韓国航空宇宙産業製のジェット練習機T―50TH型機8機のタイ空軍による購入を承認した。予算は89億バーツ。

 タイ空軍は2015年にT―50TH型機4機の購入契約を結び、2018年に納機される予定。購入額は37億バーツ。今回に続き、さらに4機を購入し、最終的に計16機とする計画だ。

 2014年のクーデターで発足したタイ軍政は、いずれも中国製のS26T型潜水艦1隻、VT―4戦車38台、VN―1歩兵戦闘車34台などの購入を次々に決め、政権発足以来、大型兵器の購入に投じた額は727億バーツに上るとみられる。

 国防予算も膨張を続け、2014年度の1847億バーツが2017年度には2135億バーツ、2018年度には2224億バーツに拡大する。
《newsclip》

注目ニュース

【タイ】タイ陸軍は米シコルスキー・エアクラフト社製の軍用ヘリコプター、UH―60ブラックホーク4機を追加購入する。チャルームチャイ・タイ陸軍司令官が6月29日、明らかにした。

【タイ】タイ軍事政権は13日の閣議で、中国製のVN―1歩兵戦闘車34台を約23億バーツで購入することを決めた。6月中もしくは7月に購入契約を結ぶ予定。

タイ、中国製潜水艦の購入 北京で契約調印newsclip

【タイ】タイ軍事政権は5日、中国製の通常動力型潜水艦「S26T型潜水艦」1隻の購入契約を結んだ。今回の潜水艦購入については、経緯が不透明で法的にも問題があるという批判があったが、軍政が押し切った。

【タイ】タイ軍事政権は4日の閣議で、中国製のVT―4型戦車10台を約20億バーツで追加購入することを決めた。プラウィット副首相兼国防相(元陸軍司令官)が同日、明らかにした。

特集



新着PR情報