RSS

野村不動産と三越伊勢丹HD、マニラ首都圏でタワマンと商業施設開発

2017年7月12日(水) 17時52分(タイ時間)
完成予想図の画像
完成予想図
画像提供、野村不動産
完成予想図の画像
完成予想図
画像提供、野村不動産
完成予想図の画像
完成予想図
画像提供、野村不動産
完成予想図の画像
完成予想図
画像提供、野村不動産
【フィリピン】野村不動産(東京都新宿区)と三越伊勢丹ホールディングス(東京都新宿区)はフィリピンの不動産大手フェデラル・ランドと合弁会社を設立し、マニラ首都圏のボニファシオ・グローバル・シティ(BGC)地区でマンションと商業施設を開発する。

 地下4階、最高棟地上51階の建物4棟を建設し、地上8―51階がマンション(延床面積約11・2万平方メートル、約1400戸)、地下1階―地上3階が商業施設(延床面積約3万平方メートル)になる。2018年着工、2020年に商業施設が開業、2025年に住宅4棟が竣工する予定。
《newsclip》

注目ニュース

阪急不動産、マニラ郊外の分譲住宅事業に参画newsclip

【フィリピン】阪急不動産(大阪市北区)は14日、フィリピンの住宅デベロッパー、PAアルバレスプロパティーズがマニラ郊外のダスマリニャス市で推進する戸建て分譲住宅事業に参画すると発表した。

大和ハウスなど ジャカルタ郊外で大規模マンション開発newsclip

【インドネシア】大和ハウス工業(大阪市)と海外交通・都市開発事業支援機構(東京都千代田区)はインドネシアの不動産デベロッパー、TRIVOと共同で、ジャカルタ南東部で大規模な複合都市開発に乗り出す。

中国の碧桂園、バンコクでマンション開発newsclip

【タイ】タイの工業団地開発運営会社タイ・ファクトリー・デベロップメント(TFD)は22日、中国の大手不動産デベロッパー、碧桂園(カントリー・ガーデン・グループ)と合弁で、バンコクでマンションを開発...

阪急不動産、バンコク首都圏でマンション開発newsclip

【タイ】阪急不動産(大阪市)はタイの不動産デベロッパー、セナ・デベロップメントと共同で、バンコク首都圏で分譲マンション2件を開発する。2件とも2019年12月竣工の予定。

丸紅、KL郊外でマンション開発newsclip

【マレーシア】丸紅はマレーシアの不動産デベロッパー、SHLコンソリデイティッドと共同で、クアラルンプール(KL)南東約15キロのバンダルスンガイロン地区で分譲住宅を開発する。

サンフロンティア不動産、ベトナム中部ダナンでマンション開発newsclip

【ベトナム】サンフロンティア不動産(東京都千代田区)はベトナム中部ダナン市の中心部で高層分譲マンションを独資で開発、販売する。ダナンでの日系企業独資の分譲マンション開発は初めて。

不動産のラ・アトレ、プノンペンで分譲マンション開発newsclip

【カンボジア】不動産のラ・アトレ(東京都港区)はプノンペン市内の一等地であるボンケンコン地区で分譲マンションを開発する。日系の上場デベロッパーがカンボジアで分譲マンションを開発するのは今回が初めて。



新着PR情報